愛犬

うちの愛犬『レイク』を病院に連れていってみました

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは

レイシンです

今回も記録日記的なブログとなります、ご了承ください。

『レイク』を病院に連れて行くことになりました

こちらはタイトルの通りなんですけど、レイクを病院に連れて行くことになったんです。

というのも、、、

昨日の夜、出先で買ってきた卵蒸しパンを半分ほどレイクにあげたんです。

普通に食べていたので安心していたのですが、、、

2時間後ぐらいに盛大に下痢をしました、、、

恐らく私の母が私の家に来た時に牛乳をやったことが原因かと今になっては思います。

でも牛乳もあまり飲まなかったので、体調が悪かったんですかねー??、、、

おむつをすればよかったんですけど、てんやわんやの状況の中、おむつという選択肢を完全に忘れていました。

そして、今日病院に連れて行ってみようということになりました。

病院での異変

病院に着いて、診察室に呼ばれ、診察台にレイクを乗せた時のことでした。

「あれっ、、、」

自力で座れなくなっていて、横にゴロンとなっているような状態だったんです。

病院が怖かったのも関係しているかもしれませんが、以前下痢で連れてきた時は普通に診察台に座ったのに、、、

今日はなぜそれができない??、、、

先生の診断は脱水症状になっているとのことでした。

家では普通に元気にしていましたし、病院に連れて行くかどうかも一瞬悩んだんですけど、連れて来て本当に良かったという結果になりました。

血液検査をしてみましょうということになり、足の毛を剃って血液を採ろうとしたら、、、

全然注射器の中に血液が溜まっていかない、、、

人間でいうと90歳近い身体になっているレイク。

血液の流れも悪くなっているとのことでした。

血液検査の結果が10分ほどで出ましたが、私はどこかガンとかになっててもおかしくないのでは??と思っていました。

結果は、、、

私はこの表を見てもちんぷんかんぷんですが、BUNという腎機能が悪いということがわかりました。

ただ、心臓も聴診器あてて見てもらって問題ないと言われましたし、連れて来て本当に良かったなと思いました。

それから、点滴と下痢止めの注射を打ってもらって、明日また様子見に連れて来てくださいと言われて帰ってきました。

服を着せていったので、帰ってきてそのままパシャリ!

うん、可愛い!!←親バカですねw

レイクとの毎日を大切に

最近こたつに入りながら顔だけ出して寝るのがいつものパターンなんですw

さて、今回思ったのが、やはりレイクも歳を重ねてきているので、簡単に自己判断で、大丈夫だろうなどと思ってはいけないことが教訓でした。

レイクとの日々を大切にしながら、病院も含めしてやれることはしてやらないとと思いました。

病院代は予想外の出費にはなりましたが、こればっかりは仕方ないですもんね。

家族の病院代ですからね。

私自身色々学んだので、今回のことは肝に銘じたいと思います。

あとは私がレイクのためにしてあげている内容のリンクを↓↓に貼るので、よかったらご覧ください!

皆さんの愛犬が一日でも長く長生きしてくれますように^^

そんなこんなで今回は終わり

明日も力まずマイペースでいきましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です