愛犬

愛犬と自分の相性を探る3つのポイント!

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは

レイシンです

今回は愛犬と自分の相性を探るというテーマで記事を書いてみたいと思います。

 自分の◯◯と愛犬を重ねてみよう

飼いたい犬を選ぶ時に考慮すべき分野があります。

コレがわかっていると

犬と上手に付き合える

犬に不要なストレスを与えないですむ

犬との絆が深まる

愛犬との絆が深まり愛犬との良い関係性が築けるとしたらそれは何ものにもかえられないものですね!

一方コレがわかっていないと

犬と上手く付き合えない

犬の方にもストレスが溜まる

最悪愛犬を手放すことになる

犬と飼い主双方にストレスが溜まり関係性が崩れることはなんとしてでも防ぎたいですよね。

ではコレとは何なのか。

飼いたい犬を選ぶ時に考慮すべき分野とは、、、

自分ライフスタイルに合った犬種を選ぶ

コレなんです!

例えば狩猟犬と呼ばれるジャックラッセルテリアと、家庭犬、愛玩犬と呼ばれるトイプードルやチワワとでは一日の運動量、訓練量が違ってきます。

狩猟犬の方が愛玩犬よりも運動量や訓練量が多く必要です。

そのため狩猟犬の運動や訓練を怠るとストレスを溜めやすくなりやがては問題行動にも繋がるかもしれません。

しかし愛玩犬は運動や訓練が必要ないわけではありません。

愛玩犬も適度な運動と訓練が必要です。

そして犬種の違いは体格の違いにもなります。

大型犬になると小型犬と違い飼い主の力だけでは制御できない犬種もいます。

一般的には初心者には不向きな犬もいます。

ドーベルマンは飼うの大変だけどラブラドールレトリバーなら飼いやすい。

犬の知識が少しある方ならこの言葉で通じるところがあるかもしれません。

ただ、じゃあドーベルマンは飼えないのかというとそれは違います。

必要な運動と訓練を行なってあげれば立派に成長してくれます。

カギは犬の性格に合わせた訓練を行なうことです!

ここまでのことを自分のライフスタイルと重ねてみましょう。

家の中で飼う予定ですか??

それとも外で飼う予定ですか??

あなた自身は持病を持ったりしていませんか??

必要最低限の散歩しか連れて行ってあげられないという可能性はありますか??

それとも体力には自信がある。

どんな散歩でも訓練でも付き合うよ!

こんな性格の方もいらっしゃるかもしれませんね。

是非この記事の情報とご自身のライフスタイルを重ねてみてください!

案外思ってたよりも飼える犬種の幅が大きいことに気付くかもしれません。

しかしまだ考える要素はあります。

犬の大きさによる◯◯を知ろう

愛犬と散歩するのは楽しいですよね。同じ時間帯に散歩している方と顔見知りになったり、犬を飼う前はワクワクだと思います!

そこで散歩を含めた重要な情報があります。

コレを知っていると

愛犬に必要な運動をさせることができる

愛犬の体調を管理できる

愛犬と楽しく散歩ができる

愛犬の体調をしっかりと管理できるのは大きいですね。

そうなると体調の変化も気付きやすくなります。

逆にコレを知らないと

愛犬を疲れさせてしまうかもしれない

愛犬の体調の変化がわからなくなる

愛犬との散歩が重荷になる

愛犬との散歩が重荷になってしまうと、愛犬とのコミュニケーションの時間が、、、

きつい、しんどい、、、

といった感じになるかもしれません。

そうなるのは困りますよね。

では散歩を含めた重要な情報をお伝えします。

それは、、、

犬の大きさによる飼育の難易度を知る

コレなんです!

犬にはそれぞれ大きさがあるのはご存知だと思います。

ここでは大きさと代表的な犬種を載せます。

超小型    チワワ、ダックスフンドなど

小型     パグ、ビーグルなど

中型     柴犬、コーギーなど

大型     ドーベルマン、ハスキーなど

超大型    グレートデン、セントバーナードなど

それぞれに必要な運動(散歩)量は

超小型    一日15〜20分

小型     一日20〜40分

中型     一日40分〜1時間半

大型、超大型 一日2時間以上

なお、散歩は基本朝夕の2回がベスト

運動量を2で割った分が1回の散歩量です。

これが目安です。

もちろん犬の年齢や体調によって増減させた方が良いといえます。

近くに公園などといった犬を走らせる事ができる場所があればそこで運動量を調整することもできます。

基本的に一日に1時間半以上の散歩や運動ができない人は、中型犬以下の犬が適しているかもしれません。

雑種の場合は筋肉の付き具合や性格などを、よく観察して飼育方法を決める事ができます。

いずれを飼うにせよ

自分は愛犬のためにどれくらい時間を捧げる事ができるだろう??と自問してみるとよいでしょう。

そうすれば自分に合った犬種を選べるでしょう。

あともう1つ考えておくべき要素があります。

犬選びで失敗しないための重要なポイント

これまでの内容でどの犬種を飼うかは絞れてきたのではないでしょうか??

では愛犬とのチェック項目ラストです!

コレをよく当てはめると、、、

犬を観察する力がつく

自分に合った犬を選べる

愛犬との爽やかライフが待っている

自分に合った犬を選ぶことはとても大切です。

今後10年以上共にいることを考えると納得できると思います。

逆に当てはめないと

犬を観察する力がつかない

自分に合った犬を選べない

愛犬が重荷になる

愛犬が重荷になってしまうことほど悲しいことはありません。

最悪手放してしまうこともあり得ます。

そうならないためにも次のことをよく考慮してください!

それは、、、

自分の性格と近い性格の犬を選ぶ

コレなんです!

人間関係でもそうですが、近い性格の人と付き合うと落ち着きますよね。

波長が合う、一緒にいて楽ということがあると思います。

それは人間と犬の関係にも当てはまります。

まずあなたの性格を自己分析してみましょう。

あなたが早口でテンションが上がりやすい性格なら、テンションが上がる傾向のある犬が合うかもしれません。

逆にあなたが喋るのが遅くテンションなんてそうそう上がらないそんな方は、おっとりタイプの犬が合います。

ここで性格が違う犬を飼ってしまうと双方にストレスが溜まり犬の方は情緒不安定になるかもしれません。

ブリーダーから犬を譲り受ける場合は犬をよく観察してテンションタイプかおっとりタイプか見極めましょう。

決してルックスだけで決めてはなりません!

大事なのは性格です!

恋人を選ぶ時も性格を重視した方が長続きすると思いませんか??

それと一緒です!

今回注目した愛犬と自分の相性を探るという分野、いかがだったでしょうか??

これを考慮すると愛犬選びで失敗することがありません!!

やっと愛犬が飼える!ワクワクしますね!!

その気持ち忘れないでくださいね!

愛犬のためには食事も大切です!是非↓↓をご覧ください!

 

https://lake–shin.work/koureiken-shokuyoku/

↑↑の記事は高齢犬を持つ愛犬家の方向けに書いていますが、フード自体は全犬種、全年齢対象なので、安心して参考にしていただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

皆さんの愛犬が一日でも長く長生きしてくれますように^^

そんなこんなで今回は終わり

明日も力まずマイペースでいきましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です