愛犬

愛犬を飼うためには幾ら必要なのか!?まずは費用を計算しましょう

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは

レイシンです

今回は愛犬を飼うために幾らぐらいかかるものなのかというのを計算していきたいと思います。

愛犬を飼うための費用計算

愛犬という家族を迎えるにあたり本当にちゃんと飼えるのかどうか、、、

費用をきちんと計算しておくことはとても大切です!

費用を計算するメリットは

今の家計の中から飼えるかどうかわかる

計算外の出費ということが少なくなる

愛犬を大切な家族の一員と見れる

計算外の出費が少なくなるという表現を使ったのは、犬は生き物、病気にかかることもあるからです。

人間が風邪などを引いた時と同様に、予想外の出費が生まれる可能性はあります。

逆に費用を計算しないと

突発的に飼うと予想外の費用にビックリする

家計が苦しくなるかもしれない

せっかくの家族を手放すことになる

せっかく飼い始めた愛犬を手放すことになるのは辛いですよね。

一緒に過ごす時間が長くなればなるほど愛着がわき、別れは辛くなります。

そうなるのは嫌ですよね。

そうならないためにも費用をきちんと計算しましょう!

ではズバリ幾らかかるのか!

生後2ヶ月の仔犬をまず飼い始めたとして

約5.5万円〜約6.5万円です。

思ってたより高いという印象を受けたかもしれません。

では内訳です。

畜犬登録費用    3000円
(地域によって変動あり)

狂犬病予防注射   3500円
(年1回)

健康診断費用    3000円
(内容によって変動)

混合ワクチン接種  16000円
(1回8000円✕2回)

生活用具費用    30000〜40000円
(小型犬より大型犬の方が割高)

ここに犬の購入費用は入っていません。

購入する場合は別途費用がいるわけです。

混合ワクチンですが、、、

生後50日頃に1回目、生後80〜90日頃に2回目、以後は1年に1回が一般的です。

仮にペットショップで買う場合、ワクチンを何回受けているか確認しましょう。

それによっては費用を抑えられるかもしれません。

注意:ペットショップで犬を買うことを私個人はオススメしません

続いて継続的に毎年必要な費用です。

約8万〜18万円です。

ひょぇ〜という声が聞こえてきそうですね。

仕方ありません。

家族が増えるということは色々とお金がかかるものなのです。

では内訳です。

食費        40000〜92000円
(ドッグフードの場合)

おやつ       5000〜10000円
(しつけのためにも必要です)

ペットシーツ    6000〜12000円

おもちゃ      5000〜36000円
(正直ピンきりです)

その他消耗品    5000〜7000円

狂犬病予防接種   3500円

混合ワクチン接種  8000円
(年1回)

フィラリア予防薬  7000〜13000円

他にもノミダニ予防薬などもありますが今回は省きました。

健康診断とかもあるかもですが、ワクチンと狂犬病予防接種で年2回は動物病院に行くので、その時に軽くお医者様に診てもらうだけでもいいかもですね。

犬を飼った事がない方からすると、フィラリアって何??

という方もいらっしゃるかと思います。

別記事でも取り上げますが、このフィラリアは蚊から媒介する非常に怖い病気です。

フィラリア予防薬のお金は必ず取り分けてください!

合算すると、、、

約13.5万〜24.5万円です。

結構かかりますよね。

この金額の振り幅は、小型犬〜大型犬と思ってもらえれば。

この金額を知らず何気に入ったペットショップで犬を衝動買いして、後で後悔したという話もよく耳にします。

その他臨時で必要な費用が発生する場合もあります。

病気などがその一例です。

飼い主は常に経済的に余裕を持って生活できればベストです。

これらのこと全て命を預かる訳ですからしっかりと把握しておきたいですね。

いかがだったでしょうか。

愛犬を買うではなく、飼うために必要な費用計算をしました。

きちんと飼えるという確信をもってから愛犬を購入してくださいね。

皆さんの愛犬が一日でも長く長生きしてくれますように^^

そんなこんなで今回は終わり

明日も力まずマイペースでいきましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です