愛犬

愛犬が飼い主の顔を舐める理由

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは

レイシンです

今回は愛犬が飼い主の顔を舐める理由について特集したいと思います。

舐める部位によって意味が違う

愛犬が舐める部位は特定の場所だけの場合もありますが、いろんな部位を舐めることが多くその部位によって表す意味も違ってきます。

例えば飼い主さんの手や腕を舐める場合は遊びにさそっていたり、構ってほしかったり、安心しているなどのいくつかのサインになっています。

また、足を舐める場合も遊びに誘っているサインになります。

しかしもう一つの意味もあり、足のにおいに反応している可能性もあります。

犬は人間にとって少し臭いと感じるにおいが好きです。

愛犬が足の裏ばかりを舐めたりする場合はやめさせたほうが良いと思います。

でも私の愛犬は16年間私の足を舐めてきているので、今からやめさせることはなかなか難しいので、仔犬の頃に舐めないようにさせておくべきでしたと反省しております。

このように舐める部位によって意味が変わって来ますので、愛犬がどの部位を舐めることが多いのか見ておくと良いかもしれませんね。

もしかすると愛犬の以外な気持ちがわかるかもしれません。

犬が顔を舐める意外な理由

一般的には好意

一般的に愛犬が飼い主さんの顔を舐めるのは「甘えたい」「大好き」などのメッセージがあると言われています。

口の周りを舐める場合はその傾向が強く、犬が元々持っている本能で群れにおいてリーダーや上の立場の犬の口元を舐めることで挨拶や好意を示すためです。

また、仔犬は母犬の口元を舐めてご飯をねだったりすることがあります。

その名残で飼い主さんに対してこれを行うこともあり、飼い主さんのことを母親のように思っているからこその行動である可能性があります。

そう思うと愛しさが増してきますよね。

しかし犬が口元を舐めるのはあまり良くありません。

犬の口から人間へと感染する病気もあるためです。

しっかりと予防していたとしても、万が一ということがありますので口元を舐めさせるのはやめておいたほうが良いでしょう。

飼い主さん以外の口元も舐めようとしたりすることもあるので、しつけはしておいたほうが今後のためになるかと思います。

実は意外な理由も、、、?

一般的には愛情表現と紹介しましたが、それは口元を舐める場合です。

愛犬は口元意外にも耳や鼻を舐めることがあります。

実はそれは耳や鼻に溜まっている塩分のしょっぱさが癖になっているかもしれません。

動物は塩分などのしょっぱいものが大好きで、犬も例外ではありません。

耳は皮脂や垢を舐めている、鼻は鼻水などを舐めているということです。

いくら愛犬が飼い主さんを好きで、飼い主さんが愛犬に舐められても良いと思っていてもそういったものを舐めるのはあまり良い気持ちではありませんよね。

耳や鼻を頻繁に舐めたり、執拗に狙ってくる場合はしつけをしたほうが良いでしょう。

また飼い主さんのほうも愛犬が好みそうな状態にならないように気をつけることも大切です。

体を清潔に保つことは飼い主さんの健康だけではなく、愛犬の健康を守ることにもつながります。

日頃の生活の中で清潔でいられるようにすると良いですね。

愛犬が自分の体を舐める理由は?

愛犬は飼い主さんの体だけではなく、自分自身の体も舐めますよね。

それにも意味があります。

皮膚が赤くなるほど舐め続ける場合はストレスが溜まっているかもしれません。

ストレスがたまることで「強迫神経症」という病気になり、自傷行為を行うことがあります。

舐めるのが癖になってしまい、血が出るまで舐め続ける愛犬もいます。

舐める以外にも尻尾や足先を噛むこともあります。

もしこのような行動をしていたら、何がストレスの原因かを考え取り除いてあげられるようにしましょう。

また手足を軽く舐めている場合は退屈しているかもしれません。

手を舐めながら上目遣いで見てきた場合は退屈していて構ってほしいサインでしょう。

他にも身体がかゆかったり、怪我をしたときなどに怪我をした部分や近い場所を舐めることがあります。

体をなめ続けたり、少し動きがおかしい場合には身体に以上がないか確認してみましょう。

もし怪我やかゆみがある場合は動物病院で診てもらってください。

早めに診てもらえば回復も早くなりますので、長く様子を見たり連れて行かないということがないようにしましょう。

舐めるにも色々ある

愛犬が飼い主さんの身体や自分自身の身体を舐めることには理由があります。

飼い主さんの体を舐める場合には、舐める部位によって意味が変わってきます。

遊んでほしい、構ってほしい、安心している、などの好意的なメッセージを伝えるものもありますが、足のにおいや鼻水、耳垢などを反応しているというちょっとがっかりする理由もありました。

しかし信頼していて一緒にいて安心しているからこそ舐めることはできるのです。

嫌いな相手や一緒にいて緊張する相手を舐めようとは思わないはずです。

そういう意味では愛犬が飼い主さんを舐めるという行動は全体的に見れば愛情表現だと思っても良いでしょう。

一方で愛犬が自分自身の身体を舐め続ける場合はあまり良くない意味のほうが多く、注意が必要です。

ストレスが溜まっていないか、怪我をしていないかなどと確認してみましょう。

愛犬の舐める行動にも色々意味があることを知れば、少し興味深く見ることができますね。

皆さんの愛犬が一日でも長く長生きしてくれますように^^

そんなこんなで今回は終わり

明日も力まずマイペースでいきましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です