愛犬

日々幸せを感じている愛犬の特徴をチェックしましょう

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは

レイシンです

愛犬が幸せを感じる瞬間はどんな時なのでしょうか??

人間と暮らす愛犬の場合、人間との関わりの中で幸せを感じることが多いようです。

では見ていきましょう!

お散歩や運動

犬がお散歩や運動、遊びが好きなのは皆さんご存知かもしれませんね。

お散歩や運動によってストレスを発散させ、リフレッシュすることができます。

散歩の他にもドッグランでリードを付けずに走り回ったり、ボールを追いかけたりするのも大好きです。

家の中でお留守番が多い愛犬や、外でリードにつながれて飼われている愛犬などは運動不足になりストレスを溜めやすいので、定期的にお散歩や運動をさせるようにしてください。

開放的な気持ちになると人間でも良い気分になりますよね。

愛犬も同じで、お散歩や運動は気分転換になります。

高齢犬や仔犬の場合、散歩が難しいこともあります。

そういうときはベランダで外を眺めたり、カートに乗せて散歩をしたりするとストレス発散になります。

スキンシップ

愛犬は好きな人とのスキンシップをとることをとても喜びます。

話しかけてもらったり、触ってもらったり、そういったことに幸せを感じているのです。

しかし注意したいのがスキンシップが苦手な愛犬もいるということです。

そういう愛犬の場合は触られること自体がストレスになってしまうので、愛犬の様子を見て、嫌がっているようであればスキンシップはほどほどにしておきましょう。

ご飯やおやつ

ご飯やおやつを食べるときは愛犬にとってとても幸せな瞬間のひとつです。

おやつがあれば喜んでお手をしたり、走って近寄ってきたりしますよね。

美味しいものを食べると幸せになるのは人間と一緒ですね。

マッサージ・ブラッシング

自分の手が届かない部分などはマッサージやブラッシングをしてあげると喜んでくれます。

背中やお尻などを触ってほしくて近寄ってくることもありますよね。

普段からマッサージやブラッシングをすることで、スキンシップにもなりますし、皮膚の異常や腫瘍など体の異常をチェックすることができます。

ブラッシングが苦手という犬もいるので、そういう犬の場合は無理に行わなくても良いでしょう。

犬が気持ち良いと思う程度にしておきましょう。

幸せを感じている犬の特徴

よく笑顔になる

愛犬も嬉しいときには少し笑顔を浮かべます。

犬種や個体によっても違いますが、多少は顔に変化が見られるようです。

なぜ笑顔を浮かべるかというと様々な理由があります。

リラックスしているために口元が緩み、人がにっこり笑っているように見えます。

また愛犬が目を細めたり、まばたきしたりするのは愛情のサインだとも言われています

。このふたつが合わさると笑顔で飼い主さんを見つめているように見えるのです。

そしてもうひとつ、飼い主さんの表情を真似している可能性もあります。

愛犬は飼い主さんをよく観察しています。

飼い主さんが嬉しいときや楽しいときにする表情を見て、自分も同じように真似をしようとしているかもしれません。

いずれにしても幸せを感じている表情なので、もし笑顔になっていたら飼い主さんも笑ってあげてください。

おもちゃを持ってくる

犬にとっておもちゃは自分の大切な宝物です。

他の誰かに渡したりすることはありえないことです。

ですが飼い主さんや家族にはおもちゃを持ってきて遊ぶことがありますよね。

場合によっては悲しんでいる飼い主さんにおもちゃを貸してくれることもあります。

これは信頼している証拠で、飼い主さんのことを大事な家族だと思っているのです。

幸せを感じている愛犬は他の生き物に敵意を向けることがあまりありません。

攻撃されたり、不審者などには威嚇をするかもしれませんが家族には敵意を示すことはまずありません。

おもちゃを持ってきて触らせてくれるということは、日頃から幸せを感じていて警戒心がほとんどない状態だと言えるでしょう。

体をくっつけてくる

ソファーに座ったりしたときに、愛犬が自分の足や頭、お尻や背中などをくっつけてはきませんか??

大好きな飼い主さんにどこか触れていたいという気持ちの表れです。

くっつけることで安心するためリラックスすることができます。

とくにお尻を向ける場合は完全に信頼していると言っても良いでしょう。

自分が見えない場所を預けているということは「あなたを信頼していますよ」「危害を加える相手だとは思っていませんよ」ということなのです。

体をくっつけているときは幸せを感じていて、うっとりとしたりそのまま眠ってしまうこともあります。

愛犬が幸せと感じられるように、、、

愛犬が幸せと感じる瞬間は色々ありますが、1番は飼い主さんとのコミュニケーションかもしれません。

散歩でもご飯でも少しコミュニケーションをとれるようにすると良いでしょう。

幸せを感じている愛犬の特徴としては穏やかでリラックスしていることです。

心が満たされているので穏やかでいられるのかもしれませんね。

愛犬が幸せだと飼い主さんも幸せな気持ちになると思います。

お互いに良い気持ちでいられるようにコミュニケーションをとっていきましょう。

皆さんの愛犬が一日でも長く長生きしてくれますように^^

そんなこんなで今回は終わり

明日も力まずマイペースでいきましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です