愛犬

愛犬を飼う前に是非読んでほしい詩!愛犬を飼う全ての人に読んでほしい詩!

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは

レイシンです

今回は犬の十戒というのを紹介したいと思います。

私も最初これを読んだ時には泣きました。

愛犬を購入する予定の方、愛犬を愛し楽しく暮らしておられる方など全ての愛犬家のためにこれはあると思います!

愛犬を購入する予定のある方は、是非この詩を思いに刻みながら聞いてください。

既に愛犬を飼っておられる方は、愛犬を飼い始めた時~今に至る時までを回想しながら聞いてください。

聞いてくださいという表現を使うのは、愛犬はしゃべることができないので、この十戒は愛犬の心の声だからです。

1993年にイギリス人のドッグトレーナーのStan Rawlinson 氏が書いた詩だそうです。

では一緒に耳を傾けて聞いていきましょう!

①私の一生は10年から15年。

あなたと別れる事は本当に悲しいことです。

私を購入する前にどうかそのことをよく考えてください。

 

②私はあなたが望んでいることを理解できるようになるまでに、少しだけ時間がかかりますので焦らずに待ってください。

 

③私を信頼してください。

それが私にとって何より嬉しいことなのです。

 

④私のことを長い時間叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

あなたには仕事や娯楽もあるし、友だちもいるでしょう。

でも私にはあなたしかいません。

 

⑤私に話しかけて下さい。

たとえあなたの話す言葉はわからなくても、あなたの声を聞けば私に何を言いたいかは理解できるのです。

私の気持ちは私の尻尾を見てくれたら理解してもらえます。

 

⑥私のことどんな風に接したか、あなたがしてくれたことを私は決して忘れません。

ひどいことをされたら一生覚えています。

 

⑦私を叩く前に思い出してください。

私はあなたの手の骨をたやすく噛み砕ける歯をもっているけど噛みたくない。

決して噛まないと決めています。

 

⑧私が言うことを聞かないだとか、手に負えないだとか、怠けているからといって叱る前にその原因を考えてください。

もしかしたら食事をもらっていないのかもしれませんし、炎天下の中長いこと放っておかれたのかもしれません。

くたくたになって疲れきってしまっているのかもしれません。

 

⑨私が年老いてもどうか世話をして下さい。

私もあなた方人間と同じように歳をとるのです。

 

⑩最期のお別れの時にはどうか私のそばにいてください。

「見るに耐えない」とか「立ち会いたくない」とかそんなこと言わないでください。

あなたがそばにいてくれることが私にとっての幸せです。

私がいつまでもあなたを愛していることを忘れないでください。

いかがだったでしょうか??

私は記事を書きながらまたウルウルしてしまいました。

この犬の十戒をテーマにした映画も作られていますね。

「犬と私の10の約束」これも見てない方には是非見ていただきたいです。

Amazonプライム会員の方なら100円でレンタルでき、この感動作を見ることができます。

Amazonプライム会員になればたくさんの動画が見放題です。

 

30日間無料トライアルに申し込む

 

これも私は見て泣きました。

愛犬は家族、愛犬の大切さが身に染みてわかりますね^^

愛犬の食事にも気を遣いたいですよね。

リピーターNo.1の近代的ドッグフード

 

https://lake–shin.work/koureiken-shokuyoku/

皆さんの愛犬が一日でも長く長生きしてくれますように^^

そんなこんなで今回は終わり

明日も力まずマイペースでいきましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です