愛犬

愛犬の食器を片付けようとしたら咬まれそうになった!?おかわり作戦をして改善させよう!

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは

レイシンです

今回は愛犬の食事の後に起きる、愛犬家の方にとってショックな出来事を取り上げます。

咬まれそうになるなら、おかわり作戦を活用しよう

愛犬がご飯を食べ終わって食器を片付けようとすると、うなったり咬もうとしたりという行動をされた経験はありませんか??

今回お伝えしたいことを知っていると

愛犬との主従関係をしっかりできる

愛犬がご飯を楽しく食べれる

よって愛犬との絆が深まる

ご飯によって愛犬との絆が深まるのはいいですよね!

逆に今回お伝えしたいことを知らないと

愛犬との主従関係がきちんとできない

愛犬がワガママになる

愛犬との絆がなかなか強くならない

主従関係がきちんとできていないと、ご飯の食器を自分の縄張りととらえているので、ご飯を終えても子分である飼い主に手出しされることを嫌うという状態になります。

ではどうすればよいのでしょうか??

そんな犬に効果的な食事方法は、、、

ズバリ、、、

おかわり作戦

コレなんです!

ではおかわり作戦の概要を説明します。

・はじめにあげるご飯の全体量の半分を食器に入れます。残り半分は見えないように隠しておきます。

・上の分が食べ終わりそうになったら残りの半分を食器に入れてやります。こうして飼い主はご飯を奪う存在ではなく、与える存在だと学習させます。

・しっかり食べ終わったら食器を片付けます。この時少し怒るようなしぐさがあるなら好きなおもちゃなどで気をそらして食器を片付けましょう。

いかがだったでしょうか??

仔犬の時に人間がご飯を取り上げないことを覚えさせておくといいかもしれません。

補足ですが、食事の時によしよしというふうに愛犬を撫でる方がいらっしゃいますが、コレはやめた方がいいです。

癖になると撫でてもらわないと食事ができないようになる可能性があります。

私の知人で猫ですが上のようになった子がいて、猫を置いて小旅行すらできないようになりました。

なので皆さんも気を付けてください!

今回お伝えしたことは愛犬との主従関係がしっかりできていれば、このようなケースはおきないと思いますので、常日頃から愛犬との良い関係を築いておきましょう。

愛犬の食事に関しては、愛犬の健康に気を遣い、良い物を与えたいですよね!

そんな方には是非↓↓の記事を一読してほしいです。

 

https://lake–shin.work/koureiken-shokuyoku/

皆さんの愛犬が一日でも長く長生きしてくれますように^^

そんなこんなで今回は終わり

明日も力まずマイペースでいきましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です