愛犬

犬だってストレスが溜まります!愛犬の転移行動を見逃さないようにしましょう!

皆さん、おはようございます、こんにちは、こんばんは

レイシンです

今回は愛犬がストレスを感じた時にどのような行動をとるのかを書いていきたいと思います。

愛犬の転移行動を見逃さないようにしましょう

犬も人間と同じでストレスが溜まります。

そのサインに気付いてやれば

愛犬の不安を取り除ける

愛犬の気持ちになって物事を考えれる

愛犬との絆が深まる

愛犬の不安を取り除けて絆が深まるとは、なんと素晴らしいことでしょう!

愛犬への愛情も再確認できるでしょう。

逆にサインに気付いてやれないと

愛犬が不安になったままになる

人間本意の物事の考え方しかできなくなる

愛犬との絆が弱まる

愛犬がいるのに人間のことしか考えないようなそんな生活は愛犬にとって辛いですよね。

愛犬のこともちゃんと見てあげたいですよね。

なので今回はこれをご紹介します!

犬の転移行動を察知する

そもそも転移行動とは何なのか。

それは犬のストレスが高まりどうしていいかわからない時に見せる行動です。

ではその転移行動を紹介していきます。

・後ろ足で体をかく

たまにならいいのですが、頻繁にかくようになったら要注意。いつ頃からかき始めたのか思い出して原因を探りましょう。

 

・体の一部を舐め続ける

主に前足を毛が抜けたり赤くただれるまで舐め続けるのはストレスの証拠です。うちの愛犬も前足を舐めたり胴体を咬んだりすることが時々あります。

 

・濡れていないのに身震いする

身震いするのは嫌な気持ちをふるい落とそうとしている状態です。このようにすることで自分が感じているストレスをほぐそうとしています。

 

・尻尾を追ってぐるぐる回る

ストレスが溜まったりイライラしてる時に見せる行動です。こちらもストレス源を早めに見つけてあげましょう。

 

・しつこく吠える

飼い主とのスキンシップが足りないとかまってほしいという気持ちからしつこく吠え続けたりします。近所からの苦情のもとになったりしますので、十分に犬に関わってあげてスキンシップをとるようにしましょう

いかがだったでしょうか??

転移行動といっても色々ありますね。

どれにしても愛犬がストレスを感じ始めたのはいつかというのを思い出し原因を突き止め問題を解決しましょう!

そのためにも日頃から愛犬の観察日記のようなものを付けていると、いざという時に原因が突き止めやすくなるかもしれませんね。

コレはオススメですね。

皆さんの愛犬が一日でも長く長生きしてくれますように^^

そんなこんなで今回は終わり

明日も力まずマイペースでいきましょう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です